FC2ブログ
プロフィール

響 あき

Author:響 あき
神奈川在住。
巷にあふれる、様々なセラピーやヒーリングなどを体験し、勉強し,実践しています。
カラダ・ココロ・魂の領域まで、
健康=シアワセ♡ 読む=癒される♡ことを願って、綴っていきま~す
ヾ(*・ω・)ノ ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

魔法瓶

魔法瓶の水筒、壊れないので

気が付いたら
30年くらい使ってました

当然、魔法瓶とはいえ、
そんな昔のものなので

朝アツアツのお茶を入れても、
お昼には比較的ゴクゴク飲める熱さに
夕方にはすっかり冷めてしまっている、という感じで

それでも、漏れるわけでもないし
もったいないので
大事につかってたところに

最近、お友達が、
高機能の魔法瓶水筒をくれたのです!  ●´∀`)ノ)) 

一気にタイムスリップしたかのような
文明の進化に驚いた~   ∑(*´◯`ノ)ノ ウオオォォォォ!!

今の保温力って、ホントにすごいんですね~
朝入れたお茶が、夕方になってもアツアツ!
気を付けないと、口が火傷しそうになることがたびたびあって


でもね。

なにか、ちょっと違うんですよ。

なにか
なにか。     (´・ω・`)?

それが今朝、判明しました。

よく考えてみれば当たり前なんだけど
保温力が高い = 外に熱をもらさないってことなんですよね~

で、
あんまり自覚してなかったけど
特に寒い中 お茶を飲むときって
冷たい手を、湯呑みで温めながら飲んでるんだよね

それが、保温力の高さゆえ、最新の魔法瓶ではその感覚がなくなってて
なんか無意識に物足りなさを感じてたのかって。

機能の素晴らしさを感じると同時に
手をあっためながら、って部分が、
結構? 意外に?
大切だったのかぁ~って。

とか、思いました。

でも。  いつまでもあっつい、まさに魔法の魔法瓶  ☆(´ゝ∀・`)ノ
これはこれでもう手放せません(笑)

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR