プロフィール

響 あき

Author:響 あき
神奈川在住。
巷にあふれる、様々なセラピーやヒーリングなどを体験し、勉強し,実践しています。
カラダ・ココロ・魂の領域まで、
健康=シアワセ♡ 読む=癒される♡ことを願って、綴っていきま~す
ヾ(*・ω・)ノ ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

指ヨガ 体験

「指ヨガ」の龍村修先生のお話しを伺って、

どこでも手軽にできて、カラダにとってプラス効果が高い

「指ヨガ」
をミニミニ体験です♪




言葉は聞いたことあったけれど、体験はお初(^^)



「ヨガ」と名がつくので、指で難しいポーズでも作るのだろうかと思ったら、


足ツボや耳ツボみたいに 

手の平や手の甲に全身の縮図があって、


例えば肩が凝っていたら肩に相当する、手の一部分を揉んでやわらげる、

そうすると実際に肩のコリがやわらぐ、というように、


手の各所を

揉んだり、ストレッチしたり、深く曲げたり、、、





そもそも「手」は「脳」と関係がとても深く、

「手は露出した『脳』」なんだとか。


「脳」の状態は「手」にでるもの、


直接触ることのできない「脳」の状態を変える力が「手」にあるそうです。




また、


・セルフケアにて大きな効果が出せる、ということ、

・コミュニケーションをとるうえで使うと、ラポール(相手との信頼関係)が築きやすい


なんて伺っていると、

「確かにいいかも! やってみたい~♪」と単純な私(笑)





今日は、両中指の先端が「頭」、その第一関節付近が「首」にあたる部分ということで


一旦、実際に首を左右にまわしてみて、

可動域を確認してから

両手の中指の第一関節~第二関節をゆるめてあげて

それから再度首の可動域が広がったかどうかを確認してみました。




確かに指を操作しただけで、首のまわりが良く、可動域が広がってビックリ♪





実際にするときは

☆必ず呼吸と共に行う

☆「痛キモちいい」くらいの刺激


というあたりがポイントだそうです





カラダの始まりは「おヘソ」で「お腹」という観点から

最近の私はお腹からアプローチするのが定番で、


セルフケアのしやすさ、

手軽さ、

その割の効果の大きさ


に特に惹かれていますが




「指ヨガ」は、それに加えて、

「どこでもいつでもできる」があるな~

というわけで

早速本を買ってきました♪


これから実践しながら日々のセッションで生かしていこうと思っております



20160603_004241.jpg

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR