FC2ブログ
プロフィール

響

Author:響
カラダ・ココロ・タマシイをトータルで整える癒しのセラピスト。あなたの魂の望みを見つけるお手伝いもしてます

こちらは、学んできたさまざまな癒しのこと、体験談、メニュー内容などを何気ない日常の出来事も含め、書き留めるノートのようなブログです

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

セルフケアのスタート地点

カラダやココロ、セルフケアしたい。。。


当たり前ですが、
まずは今の自分の状態ってどんなだろう?

を知ることがスタートになりますね。


それって、自分のことだからわかってて当然な気がしますが、


でもこれが、普段から外界に意識を向けているのが当たり前な人ほど、

自分のことがお留守になっている、

つまりは、ココロやカラダが注意信号を出しているのに

気付きにくい可能性へとつながっていたりします。

また、わかっていると思っていたけれど、実は認識と事実にズレがあるってことも多いんです。



今の自分を感じること。

トライしてみましょう。

FC2 2015110801




しばらく静かにくつろげる環境の中で

座ったり、ねそべったり、楽な姿勢をとります。



ゆったりした自分の呼吸をよく感じてみます。

鼻や口から肺に酸素が入っていく感じ、

体内の二酸化炭素が吐く息として出て行く感じ。


無理に深呼吸する必要はありません。

自然な呼吸にただ注意を向けて感じるだけです。


呼吸を繰り返すたびに、少しずつカラダがリラックスして、

脱力していく感じをイメージしてみましょう。


更に、

カラダの感覚に注意を向け、

椅子の背もたれや、ソファなど、背中の感触を感じてみます。



次に、自分の手足の温かさを感じようとして見て下さい。


心臓の鼓動により血液がカラダ中をめぐり、

隅々まで循環し、酸素や、エネルギーや、ぬくもりが届く、

そして不要な老廃物はきれいにカラダの外へ出て行く…


ただそうなんだ、と思っているだけでオーケーです。

「思う」ことは意識を向けることにつながります。


段々と、自分の内側に意識が向いてきます。


FC2 2015110805




肉体として、どこかに自覚していなかった痛みや冷たさを感じ始めるかもしれません。


そうしたら、その痛みに意識を向けます。

感じていると、感覚が変わったり、移動したり、消えたり、

と変化が起きるかもしれません。




または、感情面で整理のつかない気持ちがふっと

甦ってくるかもしれません。



そういう時は、無理に逆らわないように自然な流れに任せましょう。




痛みやネガティブな感情は決して気持ちの良いものではありませんが

こうして気付いてただ感じている、それだけで解放へ向かったり

問題解決の糸口の発見につながることは、実は多いと思います。




痛みだけではなく、

今の自分の思考がどこを重要視しているか、どこにこだわっているのか、とか、

押さえていたけれどあの時にこんな感情が湧いていたんだ、とか

自覚しているよりちょっと疲れているかもな、とか、

いろんなことが見えてくるかもしれません。

ここまで感じることができれば

立派な内観です。


FC2 2015110804


何も感じず、本当にくつろいでリラックスができている場合は、

眠ってしまわない程度に

しばらくその状態を楽しんでみると良いでしょう。

そうしているだけで、カラダやココロは、みずからバランスを整えていこうとします。


また、その状態の時は直感が冴えていたりするので、

ふと湧いてきたアイデアが、大きな収穫を生むことがあるかもしれません。




もし、この後あれをやらなくちゃ、とか、

雑念だらけでなかなか内面に意識が向かないような方は、


もっともっとシンプルに、


普段の生活で、感覚に注意を向ける方法があります。


例えば、

誰でも食事をします。

FC2 2015110808


ご飯を食べる時。

ご飯やおかず、汁物を口に含む感覚。

歯で噛む。

舌で味わう。

飲み込む。

美味しさ、味、香り、いろどり。

温かさ、喉を通っていく感触、胃に食べ物が送り込まれる感覚、

ひとつひとつの感覚を、

なるべく集中して感じるようにするのです。

FC2 2015110807


その時は、もちろん雑念は脇において、

テレビとか、ながらは避けて食べることに集中します。



他にも、「歩く時、足のウラの感覚に集中する」

でも、手軽に感覚に意識を向けられるかと思います。



そうやってちょっとしたことで自分の感覚に注意を向けること、

今の自分を意識する最初の一歩となると思います。




ちょっとしたことですが、


これを突き詰めたものが「瞑想」であり、

「自分で自分をケアする」
最初の一歩です。


FC2 2015110802






コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示