プロフィール

響 あき

Author:響 あき
神奈川在住。
巷にあふれる、様々なセラピーやヒーリングなどを体験し、勉強し,実践しています。
カラダ・ココロ・魂の領域まで、
健康=シアワセ♡ 読む=癒される♡ことを願って、綴っていきま~す
ヾ(*・ω・)ノ ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

シャボン玉

                      シャボン玉0530_142112


シャボン玉0530_142050

この季節、
晴れの日の公園の芝生は、賑やかです

子供達が走り回ったり、芝生でお弁当広げている人、犬を連れて散歩している人

今日は、シャボン玉をたくさん飛ばしている子たちがいました



              シャボン玉0530_142056


                 シャボン玉20140530_143407

                 
やけに大きなシャボン玉が、フワフワ風にとばされて

天に登って消えていくのを、木陰でのんびり眺めていました   。+゚*(w´∀`w)*゚+。

脳の使い方を工夫して幸せになろう

先日、都立駒込病院の脳外神経外科医、

篠浦伸禎先生の講演会に参加する機会がありました

先生は、覚醒下手術という、画期的で安全な方法の手術を推進されている方で

一方、脳の働きや健康維持のために、たくさんの本を書かれてます。

一般人の私達が読んでも、比較的わかりやすく、興味深いテーマばかりです (-`ω´-)フムフム


今回の講演の内容は

人の考え方や性格は
実は脳の使い方にそれぞれクセがあるからで
意識してその使い方を変えていけば
人生を変えていくことが可能ですよ~ 
  *。☆:・’ヽ(*・ω・)ノ*:・’゚☆゚・*


というような内容でした





人には左脳型と右脳型があるのは有名な話で、違いについてもご存じの方は多いと思います
(左脳→言語・論理・過去未来を担当し「質」「進歩」に関わる)
(右脳→感性・芸術・空間の認識・現在」を担当し「量(エネルギー)」「調和」に関わる)

それ以外にも
「鳥の目」(上空から全体像を見て判断する)の3次元
「虫の目」(自分と、人・言葉・ものなどの対象との関係)の2次元


本能の動物脳と、社会で生きるための人間脳、

色々な分類、その機能が脳のどの部分に属するのか、
そして、機能を改善していくにはどうすればよいのか

たくさんの情報を、次々に紹介してくださいました



事前に行っていたテストによれば、今の私は、「左脳3次元」が非常に強かったです

「知識を統合して考え方を導き出す脳の領域」を主に使っていて
こうやってブログで文章を書くようになって随分、なんだか楽になったと感じていたのは
脳の使い方からくるものであったことが理解できました

これからは、対角にある、右脳二次元的な部分を意識して使っていくとよいとのこと

右脳二次元とは、目の前の相手とのココロを通わせる、損得抜きの関係づくりです
           .:*゚..:。:.(´+・ω・人・ω・+`).:*゚:.。:。


また、病気や転職など、人生で大きな転機が訪れるたび、
その前後でものの考え方や感じ方が変わって、自分の性格まで変わった気がしていたのも

「今までの脳の使い方(生き方)が否定され、行先を見失う時(ストレス)
それまでの脳の使い方のバランスをいったんなくし、再度状況に合わせて
使い方を構築し直す作業が行われる(脳の司令塔・帯状回が担当)」

そんなことが実は自分の頭の中で行われていたためだってことがわかりました。

アプリをインストールしたり、削除したり、状況に応じたカスタマイズ的なことを
知らず知らずしていたようでございます(笑)

思い当たる方も、結構いるんではないでしょうか v(´・∀・`*)

実は、状況に応じて柔軟に変わっていく力がちゃんと備わっているんですね!
これを聞いて、私は自分のことが愛おしくなりましたよ(笑)

脳という、複雑で、なくては生きられない機能でありますが

ただ肉体として生きるだけでなく、
よりよく生きるために自分がどこの部分をどうやって使う傾向にあるのか

知っておくと、これから先どう工夫すればよいのか、とてもわかりやすくなる、
とも言えます(闇雲に頑張る必要がない)


どんな人の脳であっても、
人間とは、自分の脳を使いたがっている生物、なんだそうです

あらゆることの結果は、「脳の使い方」の必然的な帰結(仕事・私生活・歴史など)

そして

脳を使い切る!
使い切ろうとすることにしか幸せはない!


淡々とですが、熱い情熱をもって断言していらっしゃいました

自分がどういう使い方をしているか知り、その武器をどう魂のレベルまでもっていくか
(魂のレベルというのは、次の世代へ受け継ぐということ)


脳の機能が活性化するための方法(食事や運動など)もいくつか紹介していただきましたが、
それはまた改めて紹介していきたいと思います
(本を読んでみたいという方は「ボケない生き方」 篠浦伸禎著 ディスカヴァー・トゥエンティワン)


西洋医学のお医者さんなのに (と言っては失礼ですが)

手術は、
本当に必要になった時に最高の技術で提供するために必要だが
本来はなるべく普段の生活の改善で、病気を防ぐことが大切


と実感し、東洋的な考えとのバランス感覚をお持ちの方で
ご自身で武術を習ったり、瞑想や食事療法を実践したりされていて


こんな素晴らしいお医者さんが日本中にいたらな~と、つい(笑)思ってしまいました。


直接お会いし、個別のアドバイスまで受けられて

隣に座ると、とても明るい、暖かい雰囲気を感じられる方で

非常に幸せを感じました


        20140502_162447_convert_20140502214941.jpg

ちょっと前に撮ったクレマチス。 話に花を添えたくて(笑)

夕暮れの空

雨上がり。

久しぶり、夕暮れに懐かしい高台の道を歩きました。

ミニ140522_182550


雨で洗われて空気が澄んでいて

夕焼けがココロにひびきました


そういえば、

この、肉体で受け取る感覚の言い回しって結構ありますよね~


「血の気がひいた」

「はらわたが煮えくり返った」

「胸がつぶれる思い」

「胸が弾む」「胸が躍る」

「腹がよじれる」

比喩っぽいけれど

実際、
本当に、「胸が熱く」感じたり
「頭に血がのぼった」感じがしたり
「喉を締め付けられる」ように感じたり

何かで測ったわけじゃないけど

気持ちをカラダの感覚として、人類共通の感じ方を
しているんだな、と思うと

少し不思議な気がします


大人になって長く経つと

この、感覚や感情をカラダで感じていることに
鈍感になってきているかもしれない、と思います

子供の時は、

言葉で感じたことを表現することは
難しかったけれど

もっともっと、カラダ中で、いろんな感覚や感情を
しっかり感じていた気がするな~と。

カラダで感じている感覚に
もう少し注意をむけてみようかな



黄金の夕陽を眺めながら
そんな風なことを考えていました



富士山!

ミニー0518_071947

くっきり富士山!雲ひとつない 快晴の朝!

美しく堂々とした姿に心が洗われました ゚+.o.+゚♪ヾ(○’∀’○)ノ♪゚+.o.+゚







ミニー0518_065419

富士権現と、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)が奉られている、ふもとの浅間神社にて




ミニー0518_122325


上空の雲の水蒸気に反射?
すごくいい天気なのに虹出現!









ミニー0518_132023_5


mini0518_131445.jpg


さすがパワースポット…

そこらじゅう、光に溢れていました

美味しい空気もたくさん吸ってきましたよ~


ミニー0518_132402


自然の中に浸ることで  

パワーをたくさんもらって、ココロも癒されて

どっしり地に足がつきました






パワースポットへ

横浜公園の一角は
私が勝手に、「ミニパワースポット」と感じている場所です

この前の朝、とっても光があふれている感じがして
撮影しました

20140514 マゼンダ①

20140514 マゼンダ 2

優しい、マゼンダの光がうつりました~


ところで
明日から(あ、もう今日だわ)、日本が誇る?パワースポット、
富士山のふもとまで
「リトリート」に行って参ります

「退却」とか「隠居」とか後ろ向きな感じの意味ではなく

日常から離れて、大自然の中
ココロ・カラダ・タマシイを解放し、洗い流し、整えて
帰ってきます♪

地球や人類の平和や癒しを祈りつつ。

そう。今年の初夢、「富士山上空に大きなハート」、
実現です(笑)



子育て中

よく休憩で訪れる公園は

緑が多くて、鳩や雀がたくさんいます

餌をやってる人もいますが

私は、鳥がおねだりにきても、普段はエサをあげたりしません。

人間の気まぐれで野鳥に与えるのに抵抗があるからなんですが


なのに、最近、雀に、
なんだかとてもやつれ気味で、必死でおねだりにくるヤツがいて

そのやつれ具合?や
羽根のボサボサ加減が妙に哀れを誘い

うっかり、お弁当のご飯を少しだけあげてしまいました


すると、ご飯粒を加えて飲み込み、近くの樹へひゅ~っと
飛んでいき、小さい樹のうろに入っていったかと思うと

しばらくしてまた戻っておねだりにきました


どうやら、ヒナへ餌を運んでいる模様。


そうか、なにか、哀愁のような感じがすると思ったら

稼いでも稼いでも、子供を育てるのに
どんどん費やして

気が付くとなんだか疲れちゃってるサラリーマン的な

そんな雰囲気をあの雀に感じてしまったかもしれない(笑)


間もなく、例年のように、子雀を連れて
何かチュピチュピ喋りながら、芝生の上を一緒に
餌を探す様子が見られることでしょう。


親って、偉大ですね。


20140513 ちゅんちゅん1


20140513 ちゅんちゅん2


雀は動きが早くて

例のやつれた母スズメはどこかへいってしまい

代わりに
比較的美しいスズメが被写体になってくれました(*´з`)





優しいタッチ

ミニ20140718_130333



昔、子供の頃は、ちょっとどこかをぶつけたり、お腹が痛くなったりすると、大人に痛い所をさすって貰いませんでしたか?

私はお婆ちゃん子だったので
おばあちゃんによくさすってもらったり、おまじないを唱えながら手を当ててもらったのを覚えています

あったかい手で優しく触ってもらうと、
なんだかすぐ治ってしまうような気がして、結構痛いはずなのに、我慢できちゃったりして


痛いのが楽になるような気がしたのは、実は気のせいだけではないって
知っているでしょうか…


皮膚への刺激の強さを測って、それがどのように脳に伝わるかを研究して

一定の刺激を与えて脳へリラックスするよう促したりする、勉強を以前しておりました

難しいことを言っているようですが

簡単にいうと

お母さんが赤ちゃんを抱っこしたときに赤ちゃんが感じる感触と同じ圧力、がお手本なんです

大体5~7kgが適度の圧力です
(体重計に手を乗せて測ってみるとわかりますが、かなり軽い圧です)

この圧を意識してタッチすることを、
ラヴィングタッチ、とかマザーズタッチということもあるようです


また、さする、という刺激は、

長年鍼灸をやっている先生も先日おっしゃってましたが

優しく皮膚の表面を撫でることが「なるべく弱い刺激を皮膚に与える=より効果が大きい」という法則にかなうので

強く揉んだり、深く親指を入れたりすることより、
実はよっぽど肉体によい刺激になることを実感しているそうです
(優しく撫でまわしてくれる店があればお金を払って行きたいって。。。???それはちょっと微妙) (-∀-`; )


優しい刺激を肌が受けると

その感触は脳に伝わり、その信号を受け取った脳は、自動的にリラックスモードに入ります
場合によっては、強い痛み止めの薬と同じ成分を分泌させる場合もあります

だから、
触ってもらうと安心したり、痛みが和らいだりするわけですね。

もちろん、愛情からくる精神的な部分もあると思います。

でも、脳波テストで、実際、肌に圧をかけた時の脳波の変化の様子を、
頭に器具をつけて測って、リラックス状態へ変わっていくのを
確認したので
やっぱり、気のせいじゃないと思います(笑)



で、その状態にもっていくためのテクニックもありますが、

でも、細かいテクニックなんかより
家族とかから愛情を持って身体をさすってもらったり、手を握ってもらう、ハグする事でも
充分、癒されるわけです


「治療」も意味する「手当て」とは文字通り、手を当てること



最近、スキンシップはしてますか~?


お子さんがいる家庭だったり、恋人達、新婚さんだったりすれば、
そんなこと聞く必要もないでしょうが ♪( ,,・▽・人・▽・,, )♪


気がつけばスキンシップがすっかり減ってしまって…という方も多いかしら
(私も同じく(笑))


だんだん歳をとって出てくる、

身体のあちこち辛いところなんかをお互いなでなでする人、募集(笑)


小宇宙



今日、近所で見かけた花。

美しい色と、曼荼羅を思わせるような形に
しばし足を留め、見入ってしまいました  ・:*(〃・ω・〃人)*:・

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR