FC2ブログ
プロフィール

響 あき

Author:響 あき
神奈川在住。
巷にあふれる、様々なセラピーやヒーリングなどを体験し、勉強し,実践しています。
カラダ・ココロ・魂の領域まで、
健康=シアワセ♡ 読む=癒される♡ことを願って、綴っていきま~す
ヾ(*・ω・)ノ ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

甘酒づくり

今年の夏は

甘酒づくりに挑戦しましたよ~♪

子供の頃は甘ったるいのが嫌いで興味なかったのですが、

有機玄米や豆、雑穀をたくさん配合した手作り甘酒を五反田のげんきみちで頂き、
「なんかいいかも、、、♡」って目覚めたのがきっかけです。

市販だと高温処理されてるし、添加物も含まれるので、手作りがやっぱりいいようです

何故なら、

☆冷たいまま、もしくはぬるめで飲むことで、加熱で死んでしまう酵素も摂りいれられる(*´ω`)
そして、

☆ブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸を多く含んでいる♪

☆食物繊維、オリゴ糖で整腸作用あり♪ 日本版ヨーグルトヾ(o´∀`o)ノ





さて、手作りにチャレンジです



最初なので、色々揃えるのは今後、ということで

今回用意したのは

・米 (1合)
・発芽玄米こうじ (250g)
・温度計
・炊飯器
・手ぬぐい


玄米こうじのみ、ネットで取り寄せました。


《作り方》

①米一合でお粥をたく

20160722_124256.jpg


②炊き上がったら、スイッチを切って炊飯器のふたを開けて冷ます

③60度以下になったら、玄米こうじを足してかき混ぜ、保温にする


20160722_173552.jpg


④50度~60度の状態で8~10時間おく
※時々温度を確認し、手ぬぐいをかける、かきまぜるなどして温度をキープする
※温度が低すぎても、高すぎても甘味が出ないそうです


20160722_174111.jpg


20160722_225834.jpg


⑤できたら、容器に移して冷まし、冷蔵庫に入れる※冷蔵でも発酵が進む(酸っぱくなる)ので、作り置きにする場合は冷凍し、頂く時に解凍してください


20160723_100422.jpg

⑥出来上がったら水とかで薄めて飲む♪

《作ってみて感想》

最初は時間もかかるし面倒だな~というのがあったけど
一回作ってみると、そんなに大変ではなかったです。
家に一日いる時に、たまに温度をチェックするくらいでしたので。


本当は保温を調節できるヨーグルトメーカーで作りたかったのですが
一回に作れる量がレシピの半分になってしまうので、まとめて作れる炊飯器の方を選びました。
(他に、魔法瓶で作る方法もあるようです)



手作りアホエンオイル


今日は、アホエンオイル作りに兆戦♪

疲れた時、エネルギー補給に「にんにく」を思い浮かべる方、多いと思います



にんにくには漢方でも色々と有効な成分があるそうですが

その中でも、とっても優れた「アホエン」という成分があるのですが

通常の食べ方だと(炒め物とかで熱しすぎることで)アホエンは取れず、

もったいない食べ方になっちゃってるらしい ・(。>д<。)・゚


多分、それでもにんにくの効用はあるんでしょうけれど。




アホエンを摂ると、、、

「免疫力を高める」

「がん細胞の増殖を抑える」

「血栓ができにくくなる」

「記憶力の改善他、脳の働きがよくなる」


精神面でも

「気持ちを前向きに変えていく」


こんないろんな良いことがあるそうです


温度を気を付ければ家で簡単に作れるということで、早速準備開始 ୧꒰*´꒳`*꒱૭✧





用意するもの
FC2 2015081001

・オリーブオイル(必ずエクストラバージンオイル、で) 150ml
もしくは、玄米油も可です(※)
・にんにく 3かけ



FC2 2015081002

①にんにくを、できるだけ細か~くみじん切りにします

FC2 2015081003


②耐熱のビンにオイルを入れて、水を張ったナベに入れて火にかけます

FC2 2015081004

③水が沸騰し、オイルが温まったら火をとめて、
にんにくをプラスします


FC2 2015081005

※にんにくからアホエンが抽出されるのは、
25℃から100℃の間で、
100度以上になると壊れてしまうそうです


(普段、オリーブオイルとにんにくを使った炒め物やパスタを作っても、
アホエンが壊れてしまっているってことですね~
もったいないことしてたんだなぁ…(-_-;))


④にんにくを入れたら、なべのまま余熱がとれるまで放置。


冷めたら…

FC2 2015081006

⑤にんにくをこしながら、オイルを保存用のビンにうつします。


これでできあがり♪



〈使い方〉

一日、大さじ1、2杯を目安に摂る。
(多くても可、とのこと)


〈実際に使った感想〉


私の感想です。

本には「飲む」と書かれていたのですが、
これはやってみたけれど、オイルを直接ゴクゴク飲むというのが
慣れてなくて、(慣れている人はいないか(笑))  ヾ(´Д`;○)

とっても気持ち悪くて、にんにくも激辛で
何度かトライした後に断念(笑)  ((○| ̄|_

でも、なんとか飲み続けている友人もいますので、人によるかも。



普段の食事、
・炒めものとかの料理にかける
・サラダにドレッシングとしてかける

のがとりやすいと思います

私は、玄米オイルで作ったアホエンと、梅酢でドレッシングにするのが
お気に入りです  (◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

摂るとカラダの中からカァ~っとなってくるのがわかります。

まだ始めて一ヶ月弱ですが

少し続けてみて、私の場合は

以前より心身共にタフになってきているような気がしています。


私より真面目に続けている友人は(笑)

末端冷え性でしたが、冷えが改善して血行がよくなり、

以前より疲労感が減っていることを自覚しています。





☆今回参考にした本

篠浦伸禎著
ボケない生き方   (ディスカヴァー・トゥエンティワン)

※後日篠浦先生が、玄米オイルなら安価だし安全性も確かめやすく、より良いと思う、
と仰っていたため、追記させて頂きました。


玄米オイルだと、こんな感じ↓↓↓

20171003_125344.jpg



20171003_125641.jpg

アホエン抽出中♪




胸ポンポンで簡単セルフケア

雨で湿度が高く、太陽の明るさを忘れそうな梅雨の時期。



FC22015070705.jpg



湿度の高さや日光不足は心身にネガティブな影響を与えがち。

この時期なんか疲れやすい、なんか前向きになれない、と

いう方もいらっしゃるかもしれませんね。



先日、中医学の宮本先生という方から簡単なセルフケアを教わってきました。


胸の真ん中(左右の乳房の中間、心臓の上)近辺を

左右の手の指先で、軽くポンポン叩くだけ、というシンプルなものです。



西洋医学的には
心臓の場所であり、胸腺という免疫力に関係する器官がある場所。



ツボでいうと壇中(だんちゅう)という場所になり、
邪気(病気の原因)をさえぎり、
精神的ストレスが原因の症状にも大きく関係する場所だそうです。


そして

スピリチュアル的にはハートチャクラ。
ここを開く。心をオープンにして幸せを引き寄せよう♪

FC22015070701.jpg




というわけで、肉体的にも、精神的にも大切なポイントである場所、


横になって

ここを本当にかるく、軽快にポンポンと指の先で刺激してあげるだけです。

ポンポンがやりづらかったら、指先でさするのでもよいでしょう。


ゴリラのウッホウッホとはちょっぴり場所が違いますからね~(笑)



疲労が溜まっていたり、ストレスが強かったりすると

最初は弱い刺激でも痛いかもしれません。



ほぐれてきて心地よい感覚がやってくるまで、やってみましょう。

なんだかすこし楽しい気持ちになってくると理想的です。

FC22015070702.jpg


そしてユルんできたら、ゆっくり呼吸をしてみる。

やる前より大きく胸が動いて深い呼吸ができるようになっているかもしれません。


心臓も刺激されて、血流の循環もいい感じになるでしょう。


気持ちも安らいでくると思うので、あとはしばらくリラックスした感覚を味わいます。

精神的な部分での変化にも、注目してみましょう。

感情的に変化が現れているかもしれません、そこを感じてみましょう。




免疫に関係する症状や病気でも、これを日課にしてセルフケアすることで

改善してくる例がたくさんあるそうです。



余裕があれば、胸の下の肋骨の部分をさすったり鎖骨の下をさすったりすることも
併せてしてみると尚よろしいそうです。




ココロとカラダ、タマシイ全てに関わって、しかもシンプルなセルフケア、

中々優れもののような気がします。

寝る前やくつろぎの時間などに、思い出して試してみてはいかがでしょう?




湿度によるダメージは、肝臓が深く関わっています。

梅雨を元気に過ごすヒント
も良かったら参考にしてみて下さい♪


カラダに聴いてみる

そろそろ梅雨入りですね。


意外に気温の変動が大きいので、

衣類や布団での調節が若干難しいな~と、 (p・Д・;)感じながら

日々過ごしております。

今日の空模様も、夏のような青空に白い雲の部分と、どんよりした梅雨空で

キレイに二分割されていて、

「お天道様も迷っているのかしら…」と、ふと思いました 

(・∀・。)(-∀-。)♪



ところで、
こういった、「暑い」とか「寒い」とかの感覚、

空腹や、眠け、痛みなど

自分のカラダというのはウソをつきませんよね  (*´ω`)ノ ハィ


本当に正直に反応しています。


だから、頭で考えてわからない時、

自分の状態を確かめたい時に、


自分のカラダに聴いてみると、

わかること、理解できることが結構あったりします。





例えば。

今のあなたは、リラックスしようと思ったらすぐにゆったりすることができるでしょうか。


リラックスの状態、で、自分の胸に手の平をあててみて下さい。


その時、手が胸を触っている、という「手」の感覚が強かったですか?

それとも、胸に手が当てられた、「胸」での感覚が強かったですか?




カラダがリラックスしているのであれば、胸の感覚が強くなる のが普通です。

胸や顔というのは、手の平よりも感じやすい場所だからです。


だから、もしも手の平で感じる感覚の方が強い、もしくはどちらともいえない、ということであれば、

胸の部分が緊張して硬くなっている、

つまり自分で脱力したつもりでも、実はリラックスできていない、ということです。



カラダとの簡単な対話。


もうひとつ。

あおむけになって、膝を立てて

みぞおち(おへそから指5本上くらいの場所)を指で押してみて下さい。



そこが柔らかければ、カラダ全体のバランスが大体整っていると言われています。

硬く感じるようだと、どこかバランスを崩しているよ、緊張していますね、という判断になります。

ちなみに、おへその下、「丹田」という下腹のあたりは

逆に弾力があって力が入っているべき場所です。





こうやって、まずはシンプルに、自分の状態を「カラダに聴いてみる」を

やってみると、自分ともっと仲良くなれるかもしれません  \(★´-`)人(´▽`★)/






こんなシンプルなチェックですが、

肉体的なバランスだけでなく、精神的な面の確認にもなりますね。



更に、じっくりカラダに意識を向けて対話を続けていくと

自分の本当の気持ちであったり、

何故今の状態になっているのかの理由であったり、

知っていくほどに、自分のカラダの賢さに驚くかもしれないですよ~




FC2 2015060301

先日のこと。

どんよりグレーな一日、日没の一瞬

空一面がオレンジ色に染まりました。

ため息がでちゃう時に。。。

FC2 2014101901



なかなか思うように 物事がいかないとき

心配事がもわもわ、常に胸にあるとき

カラダがあちこち、辛くて

自分のことをわかってもらえなくてうつむいて…

他にも


気が付いたら、ため息、いくつも出てしまうような時。。。



せっかく出す息を、上手に変換してみましょう。

イメージ風船をつくってみましょう。




マイナスなキモチを、まずは意識してみます。


いくつも出てくるようなら、


一番重たいのから順番に。


そのキモチを、目に見えない風船を膨らませるイメージで

吐く息にこめて、風船にふぅ~っと入れてしまってください。

しっかり息にこめて、大きくふくらませてくださいね。



ココロやカラダに溜まっていたキモチが

今、目の前のイメージ風船の中にうつされました。

ぷかぷか浮かんでます。

それを、イメージの針で、パチン!とはじけさせてみます。

目の前ではじけるのが嫌なら

家の外ではじけさせても、どうぞご自由に。


余裕があれば、次に、

こんな風に変わっていったらいいな、という状態を
なるべくしっかり思い浮かべ

そのポジティブなエネルギーを入れるようなキモチで

新しい風船を ふぅ~、ふぅ~っと膨らませてみましょう。

そのポジティブ風船は、どんな色、模様かも決めてください。

その風船は、いつでも、あなたの近くで

フワフワと、浮かんでいます。

忘れてしまっても、無意識に感じているので大丈夫。

時々、ため息の代わりに、こんな風に風船をつくっていくのです。



幸せ色の風船が、いつもまわりに浮かんでいたら

ステキですね。。。



FC2 2014101902



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR