プロフィール

響 あき

Author:響 あき
神奈川在住。
巷にあふれる、様々なセラピーやヒーリングなどを体験し、勉強し,実践しています。
カラダ・ココロ・魂の領域まで、
健康=シアワセ♡ 読む=癒される♡ことを願って、綴っていきま~す
ヾ(*・ω・)ノ ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

ブルーベリー狩り&ジャム作り♡


夏まっ盛りですね♪

近所のブルーベリー農園へ。
昨年の夏ハマって、楽しみにしておりました~

今年は、チャリンコで♪♪♪

20170728_104106.jpg 

肥やしのアロマ香る田舎道を、飛ばし気味で走って約30分。
風が気持ちいい~
田んぼの稲がとっても青々しております

20170728_104026.jpg 

現場に到着~

20170728_104520.jpg 

20170728_104425.jpg 



20170728_104549.jpg



おお~なってるなってる♪

20170728_091223.jpg



 20170728_094051.jpg


狩りの血が騒ぎ始める~(笑)

アントシアニン~
カラダ(目)が欲しがっている気がとてもする!


20170728_094311.jpg 20170728_093914.jpg20170728_093842.jpg



20170728_092617.jpg 


熟して甘いのはどれかな~?



20170728_093728.jpg 


しゃがんで見上げるようにして探す方が、
上から見つけるのよりも
熟した大きな実を見つけやすい!

って、去年初めて来た時に教えてもらい。。。。


20170728_092054.jpg 


今年は、大粒ハンター不在でしたが、

私なりに灼熱の太陽の下、小一時間頑張り、



20170728_103000.jpg 

↑、結構粒ぞろい~( *´艸`)

20170728_102935.jpg 


約1キロ強の収穫   ( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

受付で管理されている方にも、
わぁ、随分大きい粒取ってきたね~、と褒められ(笑)

更に汗ダラダラの私に、
ミニトマトを近くからもいで「水分補給に」と
くださったり、
「頑張ったから、好きな色の持ってって♪」
と、可愛いペチュニアの苗をくださったり、

健気に果樹を育てていらっしゃる方達の笑顔と優しさに
とても癒されました。 

感謝      ゚+(人・∀・*)+。♪


20170728_110649.jpg 


帰り道は、気になっていた
さるすべりの大木にしばし寄り道。

20170728_105812.jpg 20170728_105850.jpg

写真では伝わりづらいですが、かなり大きな樹で、
形も素敵でした☆彡




20170728_110725.jpg 


20170728_114744.jpg 

所々に寄り道しながら、
狩りから帰宅。


ちょっと休憩し、ジャム作りへと進みます  o((・ω・))o


20170728_134710.jpg 


・ブルーベリー 1キロ
・島砂糖  300g程度
・レモン  3ケ

今年は、去年と少しやり方を変えてみました。

ブルーベリーを洗って、鍋に入れて、砂糖とレモンの絞り汁を混ぜて
しばらく放置する(一時間くらい)

20170728_140610.jpg 



水が出てきたら、火にかけて、
とろみが出るまで煮る。


20170728_151933.jpg 



そして、消毒済の瓶に入れて冷ます。

20170728_155409.jpg 



冷蔵庫で冷やして、できあがり♪♪♪

砂糖を増やすと、長く保存が効くとのことですが、
この分量でもかなり甘いです。



宮原観光農園のサイトはコチラ
開催日や場所の詳細が確認できます♪




手作り味噌体験

大寒の水で、お味噌を作る。


秀さんのお宅で、手作り味噌体験して参りました♪


生まれて初めての体験にワクワク(^^♪


前日から大豆を水に浸してくださっていて、

伺うと、すでに活力鍋で大豆が蒸されてました。


20170203_111733.jpg



20170203_111917.jpg


お豆のいい匂いが家中に漂う中、体験開始~

(蒸した時の水分は、お楽しみのランチで登場します…)




大豆だけでなく、水やお塩、麹にも、

容器にも、ちゃんとこだわりがあります。


20170203_110926.jpg



今回のレシピは


・大豆  1kg

・玄米麹 1kg

・塩   375g

・水  2,5L

※お塩はしょっぱくなりすぎず、カビないギリギリの量だそうです





まずは、固まっている麹をパラパラとほぐして、塩と合わせて混ぜておきます。



20170203_114136.jpg




それから、豆がアツアツのうちに手でつぶしていきます。

茹でるよりも、活力鍋で蒸すほうが、お豆がつぶしやすくなるとのこと。


20170203_114601.jpg


おしゃべりしながら、


時々大豆を味見しながら(笑)


楽しくつぶしていきます


20170203_123102.jpg



20170203_123121.jpg




そして、

さっきの麹&塩を投入し、


しっかり混ぜ込みます。



20170203_123126.jpg




そして、ソフトボールみたいに丸めて



20170203_125036.jpg


空気が入らないように容器に落とし込み、



20170203_125445.jpg


グーで平らにならしていきます。



20170203_125526.jpg


20170203_125749.jpg


秋に取り出すまで、カビがつかないように


丹念に処理します。


20170203_130243.jpg


焼酎でしっかり拭きます。

20170203_130512.jpg



この後、しっかり冷ましてから、塩を振って、重しをのせて、

冷暗所に保管し、秋の熟成を待つ。




秋が来るのが、とっても楽しみになりましたヾ(o´∀`o)ノ




そしてお待ちかね♪

一仕事終わってのランチタイム~



20170203_131937.jpg



カラダが喜ぶ野菜中心ランチ。

もちろん、どれも最高に美味しかったです♪


今日は、安納芋の大学芋に恋しました(笑)





20170203_132130.jpg


これが、大豆を蒸した時の水分と、熟成みそで作っていただいたお味噌汁♡

出汁入ってないのに美味(´ω`人)




いろいろな下準備をしながら、ランチも用意してくださる、

スーパー主婦!

丁寧に教えてくださった、秀さんに心から感謝です。




りんごジャム

リンゴ、大好物なので、この季節、待ってました~♪



今年は、自然食品のお店で無農薬の紅玉リンゴを購入してきて、

ジャム作りに挑戦。



(主に自分のための)覚書きです。


最初に、ジャムを入れるビンやビンの蓋を

煮沸したり天日に干したりして消毒しておきます。



今回は紅玉リンゴ5個。約1kgに対して


・粗糖(鹿児島産)  450g

・レモン果汁 レモン1ケ分


でやってみました。



リンゴは8つ切りにして5mmくらいの厚さに。


20161113_142416.jpg


なべに入れて、砂糖(粗糖)とレモン汁を入れる。


20161113_143141.jpg


ひとまぜしてしばらく放置。(1~2時間)

置いておくと水分がでてきます


20161113_154618.jpg




強火にして煮立ったらアクを取る。


20161113_155129.jpg





弱火にして煮詰める。


20~30分くらいでしょうか、、、

水分がなくなってきたら、できあがり。





20161113_163544.jpg


とにかく赤の色がきれいで、眺めているだけで、

元気になれます(笑)

ホレボレしちゃってます。


味ですが、

酸味と甘みは私的にはちょうどよくって、美味しい(^^♪

でも食感としては、きも~ち、皮の硬さが気になったので

次回はもう少し火を入れる時間を長くしてみようかな~


という感想でございました。。。


甘酒づくり

今年の夏は

甘酒づくりに挑戦しましたよ~♪

子供の頃は甘ったるいのが嫌いで興味なかったのですが、

有機玄米や豆、雑穀をたくさん配合した手作り甘酒を五反田のげんきみちで頂き、
「なんかいいかも、、、♡」って目覚めたのがきっかけです。

市販だと高温処理されてるし、添加物も含まれるので、手作りがやっぱりいいようです

何故なら、

☆冷たいまま、もしくはぬるめで飲むことで、加熱で死んでしまう酵素も摂りいれられる(*´ω`)
そして、

☆ブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸を多く含んでいる♪

☆食物繊維、オリゴ糖で整腸作用あり♪ 日本版ヨーグルトヾ(o´∀`o)ノ





さて、手作りにチャレンジです



最初なので、色々揃えるのは今後、ということで

今回用意したのは

・米 (1合)
・発芽玄米こうじ (250g)
・温度計
・炊飯器
・手ぬぐい


玄米こうじのみ、ネットで取り寄せました。


《作り方》

①米一合でお粥をたく

20160722_124256.jpg


②炊き上がったら、スイッチを切って炊飯器のふたを開けて冷ます

③60度以下になったら、玄米こうじを足してかき混ぜ、保温にする


20160722_173552.jpg


④50度~60度の状態で8~10時間おく
※時々温度を確認し、手ぬぐいをかける、かきまぜるなどして温度をキープする
※温度が低すぎても、高すぎても甘味が出ないそうです


20160722_174111.jpg


20160722_225834.jpg


⑤できたら、容器に移して冷まし、冷蔵庫に入れる※冷蔵でも発酵が進む(酸っぱくなる)ので、作り置きにする場合は冷凍し、頂く時に解凍してください


20160723_100422.jpg

⑥出来上がったら水とかで薄めて飲む♪

《作ってみて感想》

最初は時間もかかるし面倒だな~というのがあったけど
一回作ってみると、そんなに大変ではなかったです。
家に一日いる時に、たまに温度をチェックするくらいでしたので。


本当は保温を調節できるヨーグルトメーカーで作りたかったのですが
一回に作れる量がレシピの半分になってしまうので、まとめて作れる炊飯器の方を選びました。
(他に、魔法瓶で作る方法もあるようです)



指ヨガ 体験

「指ヨガ」の龍村修先生のお話しを伺って、

どこでも手軽にできて、カラダにとってプラス効果が高い

「指ヨガ」
をミニミニ体験です♪




言葉は聞いたことあったけれど、体験はお初(^^)



「ヨガ」と名がつくので、指で難しいポーズでも作るのだろうかと思ったら、


足ツボや耳ツボみたいに 

手の平や手の甲に全身の縮図があって、


例えば肩が凝っていたら肩に相当する、手の一部分を揉んでやわらげる、

そうすると実際に肩のコリがやわらぐ、というように、


手の各所を

揉んだり、ストレッチしたり、深く曲げたり、、、





そもそも「手」は「脳」と関係がとても深く、

「手は露出した『脳』」なんだとか。


「脳」の状態は「手」にでるもの、


直接触ることのできない「脳」の状態を変える力が「手」にあるそうです。




また、


・セルフケアにて大きな効果が出せる、ということ、

・コミュニケーションをとるうえで使うと、ラポール(相手との信頼関係)が築きやすい


なんて伺っていると、

「確かにいいかも! やってみたい~♪」と単純な私(笑)





今日は、両中指の先端が「頭」、その第一関節付近が「首」にあたる部分ということで


一旦、実際に首を左右にまわしてみて、

可動域を確認してから

両手の中指の第一関節~第二関節をゆるめてあげて

それから再度首の可動域が広がったかどうかを確認してみました。




確かに指を操作しただけで、首のまわりが良く、可動域が広がってビックリ♪





実際にするときは

☆必ず呼吸と共に行う

☆「痛キモちいい」くらいの刺激


というあたりがポイントだそうです





カラダの始まりは「おヘソ」で「お腹」という観点から

最近の私はお腹からアプローチするのが定番で、


セルフケアのしやすさ、

手軽さ、

その割の効果の大きさ


に特に惹かれていますが




「指ヨガ」は、それに加えて、

「どこでもいつでもできる」があるな~

というわけで

早速本を買ってきました♪


これから実践しながら日々のセッションで生かしていこうと思っております



20160603_004241.jpg

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR